一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第80回 外部に木デッキ、メンテナンス!

【 情報更新日 】2019年4月2日


2019.4.2(火)のブログを転記します!



 北根モデルのデッキ材、

一部腐れているため交換しようと思います!


3年に1回のペースで、自分達で塗装して来ましたが

どうしても水が溜まりやすい デッキ端だったり、

横手摺の上端は、それでも腐れてしまいます。


高橋棟梁と工藤君に、下見してもらいました!



  外部に無垢材を用いる場合、

建主さんがDIYが好きか?どうか、

日頃 忙しくて手がまわらないとう方には

デッキに屋根をかけたり、材自体が耐久性のあるもの(ウリン材など)や

エクステリア商品なども、

みのり建築舎では ご提案しています!


 10年以上、無垢材・自然素材の家に住んで来て思うことは

何でもかんでも木でやるのではなく、

使い分けをしたほうがよい!と思います。


無垢の木が気持ちいいのは、室内!


床の足ざわり、あたたかさ。

壁や天井に板を貼れば、リラックス効果や消臭効果も抜群!



 住宅ローンを払いながら、

またメンテナンスにお金がかかるって嫌ですよね!


私も、住宅ローンを払っているからわかりますが

住宅ローンを払いながら、子育てしながら

またお金を貯めるって、結構大変です!


 だからこそ、外部は耐久性のあるものを

選ぶことをお勧めします!


 無垢材・自然素材のいいところ・悪いところ

いつ?どんなメンテナンスが必要になるか?

またその費用は?


 10年以上無垢材・自然素材の家に住んで来たからこそ、

わかること・説明できることってありますね!(^-^)


宮城県・仙台市内で自然素材・無垢材を用いて

高断熱・高気密・高耐震性の省エネ住宅を

1級建築士と2人3脚でつくる、オンリーワンの家づくり!

『株式会社みのり建築舎』・『アトリエみのり1級建築士事務所』

info@minori-kenchiku.

お申込み・お問い合わせ