一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第79回 社員大工の工藤君、入社1年が過ぎました!

【 情報更新日 】2019年4月1日



2019.4.1(月)ブログを転記します!




 社員大工の工藤君、入社1年が過ぎました!


思えば、1年前 専門学校から

”手仕事が出来る、本物の大工になりたい!”という夢を叶えるべく

みのり建築舎に入社しました。


 最初は、挨拶・掃除。


大工としての生活リズムに慣れつつ

身のこなし、道具の手入れを覚え、

やれる事が少しずつ増えて来ました!(^-^)


 一言で言えば、”まじめ!”

まじめなことは、今の時代、本人にとって貴重な財産です!


それって、社会人になって

教えて教えられることでは、ないからです。


”まじめ”かどうか?の評価は、

人が見ていない時に、真価が問われます。


『見ていないときでも、仕事に・人に 真剣に向き合える!』

(当たり前のようですが、なかなか出来ないものです)


高橋棟梁や兄弟子の高橋大工さん、

そして小松さんのフォローも

工藤君の夢を叶える上で、

とっても大事なバックアップになっていると思います!


3人、見えない所で 工藤君の体調や顔色、振る舞いを見ながら

絶妙のタイミングで色々 やってくれているんだと思います。


社長の私に言えないことや見せないことなど、

たくさんあると思います。そこを見てくれているので

安心です!感謝です!(^-^)


人を育てるって、ほんとチームワーク・みんなでやるものです。



今日、みんなで面談をしました!

1年前に立てた1年ごと・5年目までの目標を、

改めて確認。


1年目の目標をすべてクリア!


次なる、2年目の目標も確認し

明日からまたチャレンジです!


5年先の自分を見据えて、

1日1日 紙1枚の積み重ねです。


くじけそうになるかもしれません。


心が折れそうになるかもしれません。


 この1年そのままに、

自分にうそをつかず、ただ”まじめ”に仕事に向き合えば

それだけでいいのです!



 そこをみんなが見てくれて、

手を差し伸べてくれるんですから!(^-^)


自分で刻んだ土台!

自信がついて来た、いい顔してますね!


毎日書いた日報!

1年書きためたら、こんな厚みになりました。

これが、1年やってきた証拠です。

この1枚、1枚に頑張った工藤君がいます。

これを5冊揃えて、胸を張って巣立って欲しいと思います!(^-^)



宮城県・仙台市内で自然素材・無垢材を用いて

高断熱・高気密・高耐震性の省エネ住宅を

1級建築士と2人3脚でつくる、オンリーワンの家づくり!

『株式会社みのり建築舎』・『アトリエみのり1級建築士事務所』

info@minori-kenchiku.

お申込み・お問い合わせ