一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第46回 最近(2017.8月)の住宅ローンの事!

【 情報更新日 】2017年8月24日

 2017.8.23(木)のブログを転記します!


********************************************************************

今日のお天気、朝から午前中は

とってもよいお天気だったのに・・・・(><;)


 ほんと今年は困ったお天気です。


さて 先日 住宅ローンについて

個別にご質問があったので

よい機会だしブログに記載しようと思います。



 1級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーの私が、

 いつも、住宅ローンのイロハについて

ご説明している内容の一部です。


 あくまで一般論と私の私見が入っておりますので

そのまま誰にでもあてはまり、活用できる内容ではありません。



 あくまで、住宅ローンは 注文住宅と同じように1棟1棟

ひとりひとり ベストは違います!



  損得に直結している住宅ローン。

土地選び、住宅会社選びと同じくらい大事な選択です!(^∇^)


 その選択ひとつで、トータル500万円1000万円も総支払額は変わります!



何事も、プロを活用するのが1番ですね。(^O^)/

*******************************************

1.銀行取扱いの住宅ローンについて


  各銀行が取り扱っている住宅ローンです。

  10年固定、5年固定、3年(2年)固定、変動金利などが選べます。


  通常 5年~2年固定は、借りてすぐ期間が来るので

  私はお勧めしていません。(そうじゃない考えもあると思います)


  一般的には、10年固定か変動金利です。


 特にフラット35(あとで記載します)の金利は、今現在

 メチャメチャ安いので、変な10年固定より安くなっています。

(ここだけの話、銀行さんによっては自分とこの10年固定より、

  金利が安いフラットを勧める親切な方もいます。

     いいひとですね!(^∇^))



 10年ひと昔・・・・

 変動は金利不確定で心配。

 まずは10年で様子を見よう! 

 みたいな方が、10年固定を借りるようです。



 変動金利は、何といっても金利が1番安いので

 借りる方は多いですね。


  仙台エリアで、0.55~0.6%が現在(2017.8月)の最安値です。融資保証なし。

  人によっては、0.5%でOKという方も、いまだにいます。

  (地銀さんも日銀のマイナス金利政策によって収益が低下しているので、

  この4月以降金利が若干上昇基調ですが、まだまだ安い金利を維持しています。

    来月9月10月から振込手数料も上がるようです(><;))


  変動金利は、金利が半年ごとに変動します。

  (実際に支払額は、5年ごと変動しますが)

 そのため、35年トータルでの支払総額が不確定なのが皆さん気にするところです。

  また35年ずっと0.55%や0.6%の金利が続く訳では、ありません。


必ず、上がります! 上昇幅は、誰もわかりません。


 変動といっても、いきなり10万円支払っていた人が翌月から20万円になることはなく、

1.25倍ルールというものがあります。

  最高アップしても、12.5万円まで。

その差額は、支払期間が長くなったりします。



  ずっと、変動金利は底値と言われ続けて、なお下がってきました!

 しかし、もうここら辺が本当の底値のように思います。

 (ほんと、わかりませんが・・・・(^▽^;))



 変動金利は、短い期間、比較的少額の融資、お子様が小さく共働きで

 最初に内にガンガン返したい方には、むいていると思います。



2.フラット35について


 フラット35は、35年(30年でも25年でもあります)同じ金利で借りられるものです。

 住宅金融支援機構をもとに、通常銀行が窓口となっています。


 長期間の融資のため、当然 変動金利よりも金利は高いです。

  また、登記費用や火災保険費用などは融資対象外なので

 自己資金なし、全額融資希望!と言う方は難しいです。


  今現在、フラット35の金利は1.06%~1.09%程度を推移しており

  先ほども記載した通り、変な10年固定よりも安い!という

 凄いことになっています。 


  ちなみに、10年前は3.00%くらいでした。

 また、高性能な住宅(みのり建築舎の家は、対象ですよ!)は

フラット35S(A)といって、その金利から10年間 さらに0.3%引かれます。

(2017.9.30以前の申込みの場合 0.3%引き。それ以後は0.25%引き)

フラット35S(B)は、5年間。

 フラット35S(A)なら、ただでさえ安い長期間金利がさらに引かれるので

 最初に10年間は、0..76~0.79%で借りれてしまう!

  それ以後は、1.06%~1.09%


  ここでもかなり得します!

 だからやっぱり、今家を建てるなら、自然素材の素材だけでなく

性能にもこだわった、高性能な家(高断熱・高気密・高耐震性)をつくることが

住んでからのランニングコストはもちろん、住宅ローンでも

特をするのです!(^O^)/

余談です。



 さて、フラット35はその他注意点としては

 ・申込み時期の事

 ・つなぎ融資の事

 ・団信の事(今度、団信込み金利になります)

 ・金消契約時に金利が適用される事

    など 説明することもあります。

 


 住宅ローンは 奥が深く 

 なかなか全部を書く事は難しいですね。

   詳しくは、個別にてご相談をお受けしています!

  (もちろん、みのり建築舎の家づくりのご興味ある方に限りますが・・・・)


 財形住宅金融(財住金)さんのもありますね。


 住宅ローンが、家づくりの大事な要素のひとつだと思っていただければ

 幸いです。(^∇^)

 

*******************************************

宮城県や仙台市で注文住宅(無垢の家・木の家・自然素材の家)を新築・リフォームするなら

「みのり建築舎」(工務店・設計事務所)

http://minori-kenchiku.jp

お申込み・お問い合わせ