一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第39回 仙台一極集中!(土地価格高騰・要因のひとつ)

【 情報更新日 】2017年5月22日

 2017.5.23(月)ブログを転記!


*************************************************************

 本日の河北新報・朝刊。

仙台一極集中しており、

仙台圏に人口が集中しているという記事です。


 人口の急増から、沿岸被災地でひと段落した

住宅需要からの土地高騰に陰りが見える中、

仙台圏は 今だに土地価格の上昇率が

全国トップクラスとのこと。



 今年に入って、様子見の1月でしたがそれ以降、

仙台圏(仙台のみならず、名取市や多賀城市など近郊も同じです)の土地は

『 土地がない 』 『 あっても価格が高い!』 といった状況が深刻です。



 ただでさえ 少ない土地を、

ハウスメーカー ローコストビルダー 建売業者が奪い合い、

残った土地が 注文住宅用の土地として 市場に出て来ます。



 まったく土地がないわけではないんですが、

即決?、

100点満点ではないので何を優先するか?、

土地で高い分、家で調整できるか?

 もともと土地探しに求められる要素は同じですが

より一層 厳しい状況です。



 ほんと、売り地あるんですよ!

私たちプロが見ても、価格、エリア、素直な土地・・・・

 しかし、どの建主さんも

 ほぼ初めてのことですから(土地探し・家づくり)、

”もっと いい土地!” ”もっと いい土地!” という心理が必ず働きます。

(当然ですよね、何千万円もするし 一生住む訳ですし・・・・)

その気持ち、とってもわかるんです、私自身も約10年前そうでしたから。(^_^;)



 2か月、3ヵ月 土地をいろいろ見てくると

だいたいの方は、傾向と対策みたいなものが分かってきます。


 そこからが 本当の意味での土地探しだと

私は思うんです。(だからこそ、早い段階で トレーニングが必要なんです!)

(最初から、この土地いいですよ!っていっても、なかなか分かってもらえないんです。

 ぐるっと1周まわると、最初の土地が よかったか! わかってもらえるんですが、

  その時には 土地は既に契約済み)



 そういうことも含んでの、土地探しだと思います。

無理やり 押し付けたくはないですし、

納得して 一歩一歩 家づくりをして欲しいです。



 誰かのノルマ達成のためではなく、

建主さんご家族、自分たちのペースで、進める土地探し・家づくり。



 地道に、気になる土地 ネットからとか信頼できる不動産屋さんから情報もらって

ひとつひとつ、プロに見てもらう!



 そのなかで、プロが見てたほうがよい!という物件を ご自身・ご家族で確かめる!

フィーリングいいね! 住みたいね! って思えればいいんじゃないでしょうか?



 その時には、何はなくても 素早く動く!ことが大事ですね!


※詳しくは みのり建築舎まで。


宮城県や仙台市で注文住宅(無垢の家・木の家・自然素材の家)を新築・リフォームするなら

「みのり建築舎」(工務店・設計事務所)

http://minori-kenchiku.jp

お申込み・お問い合わせ