一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第32回 林業の現状についてと、みのり建築舎がやれること

【 情報更新日 】2017年3月1日


2017.3.1 ブログより


*****************************************************************


 今日から3月のスタートですね!(^∇^)


 今日の日経新聞に

「林業調査」による 全国の森林組合の結果が掲載されていました。



 人手不足や、価格の安さ、国産材需要の少なさ など

現在の林業における状況の厳しさが

調査から あらためて認識させられます。



人口減から住宅需要のみでは、難しい。


非住宅需要の拡大が大事のようです。



公共建築の構造材や仕上げ材、

家具やインテリアグッズなどでしょうか。



 みなさんご承知の

隈研吾さん設計の新国立競技場にも

木材が使われます。



集成材はもとより

木材に炭素繊維を巻き付けて強度を高める技術も

開発されています。



 これから どんどん公共建築にも

木材が使われて欲しいと思います。



 みのり建築舎としては、

やはり 住宅の地元の良材”南三陸杉”を使い続ける事で

地元林業の活性化に 微力ながら貢献したいと思います。



 また、伐採体験や森林見学ツアーといったイベントを通じて

家づくりを通して、地元林業や製材業にも興味を持ってもらえるような

取り組みを 続けていきたいですね。

※ご興味ある方は、ぜひご参加ください!



 そして、少しずつでも 林業や製材業に携わる方々へ

お返しをしていければとも思っています。





宮城県・仙台市で自然素材注文住宅・リフォームするなら 1級建築士が一貫して対応する、株式会社みのり建築舎・ 株式会社アトリエみのり1級建築士事務所。/

/

お申込み・お問い合わせ