一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第25回 土地の契約~決済までは、長く期間を確保しましょう!

【 情報更新日 】2016年6月27日


2016.6.27(月)のブログを転記します!


********************************************************


 今日は、建主さんご家族の土地決済日!


某銀行のローンセンターにて

土地決済、一緒に立ち会いました。

建主さん(買主)、私(住宅会社)、売主さん、不動産屋さん、司法書士の先生、

銀行担当者さん。

(住宅会社が立ち会うことは稀です。

  みのり建築舎では、希望があれば一緒に立ち合いアドバイスしております)


土地決済とは、土地残金を支払って、

同時に、売主さんから土地の権利を取得し、

自分の土地になるということです。


住宅ローンを使って

土地を購入する場合、

この土地決済日を土地契約から

少しでも長くとることは、買主さん(建主さん)にとって

有利なことです!


注文住宅の場合、

土地契約~土地決済までに、下記の事を行います。


①設計・プラン

➁地盤調査

③建物の仕様

④住宅ローンをどこでどう借りる?

⑤見積り(工事金額・諸経費など)

⑥建物請負契約

⑦住宅ローン本申込み

➇建築確認申請提出⇒承認下りる!

⑨金銭消費貸借契約

⑩融資実行

⑪土地残金支払

⑫登記手続き(移転や滅失、抵当権設定など)


※住宅ローンの仮審査は

  土地契約前にしておくことは、言うまでもありません。


土地契約から土地決済までの期間が長ければ

それだけ、設計や見積りなど

じっくり検討出来る訳です。




通常、2ヶ月程度が一般的です。

3ヵ月確保出来れば、いいですね!

そこは、契約前の不動産屋さんとの交渉です。

(売主さんも不動産屋さんも、1日でも早くお金は回収したいと思うもの!)



土地契約前から

その先の土地決済、住宅ローン、建物着工時期、完成時期を踏まえて

全体のスケジュール検討が大事になってきます!


土地の検討や購入を

スムーズに安心して進めるコツは、

やはり、プロと一緒に2人3脚で進める事が大事ですね!



本日、土地決済した建主さんは

”土地購入から家づくりを行う”の見本ともいうべき

すべて予定通りのスケジュールでした!


ちなみに、土地契約から土地決済まで3ヵ月。



皆様は、いかがでしょうか?



宮城県や仙台市で注文住宅(無垢の家・木の家・自然素材の家)を 新築・リフォームするなら「みのり建築舎(工務店・設計事務所)」 http://minori-kenchiku.jp


*********************************************************

IMG_5536

お申込み・お問い合わせ