一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

  1. HOME>
  2. 一級建築士・塩谷の「みのりコラム」

一級建築士が伝える、本当に大切にしたい「家」「土地」「お金」のこと。

第4回 家の建て時期っていつ?

【 情報更新日 】2015年1月6日

新年、あけましておめでとうございます!


年が変わり、そろそろ家を考えようかな?と、

思った方も多いと思います。




”今って、金利も安いし、税制優遇もあるし

 建て時ですか?” と、よく質問されます。


結論から言うと、


家の建て時は、”住みたくなったら、建て時”!

たくさんの事に、惑わされてはいけません!




もちろん、今は住宅ローンの金利もすっごく安いですし

(仙台金利といわれるくらい全国的にも安いです)、

ローン控除を始めとして、税制面の優遇措置も拡充しています。

 それに加えて、各補助金や住宅エコポイントの復活などという話も

ありますね!

(消費税8%アップ後の、住宅業界の動きは下降しているため

国全体でいろいろな方策を打ってくれています。)


 そういうハード面から言えば、”建て時”と言えるかもしれません。





しかし・・・・

ハード面ばかりではなく(もちろんお金に直結するハード面は大事ですが・・・・)


そもそも、”家を建てたい!”って思うのは?


・家族と一緒に、 伸び伸び暮らしたい!

・終の棲家で、夫婦水入らずで のんびりしたい!

 という方が多いと思います。

宮城県ですと、先の震災の影響でという方もいると思います。

(なかなか資産運用で注文住宅を建てるという人はいないですね。マンションとか、賃貸経営なら別ですけど)


 気持ち!(ソフト面)を大事にしたほうが、よいと思います。

そのおまけで、たまたま今の時期で金利が安かった、補助金が出てラッキー!的な・・・・


 長い住宅ローンの支払期間、山あり谷ありです!(ファイナンシャルプランナー的に言うと)

目先の損得よりも、腰を据えて長いスパンでの資金計画が大事!

そして、一度組んだ住宅ローンを最新のファイナンシャル情報を基に

常にチェック出来る、見直せるという事が大事です。

 家のメンテナンスは当たり前、住宅ローンのメンテナンスをしっかり出来る住宅会社が

大事だと思います。

 それは、自分が実際に住宅ローンを借りて、毎月返済していて

 借り換えも経験して 実際に思うことです。




一生にそうない家づくり。

じっくり計画建てて、進めることをお勧めします!


年が変わり、なんとなく家考えよう!

来年3月くらいに住めればいいかな?くらいの考えが1番危険です !!

そんな中途半端な気持ちで、展示場など見学に行くと・・・・

”あれよ、あれよ”と、いう間に・・・・契約しちゃいます。

だって、相手はプロですから!

土地ありますって言ったら、”○月に契約出来る人”って見られちゃいます。


先ほどの、目先のお得感だけ説明されて、

 その気になっちゃいます!ついつい・・・・だって相手はプロですから!


自分達家族で納得して、家づくりを進めているようで

進めさせられている、ということにもなりかねませんね。




そうならないためには、

まず自分たちで考える事!が大事です。

1年で土地探しから引っ越しまで考えるのではなく

3年計画で考えることをお勧めします。

もちろん、いい土地がみつかれば3年にこだわらなくてもいいですけど・・・・




今日もメールで家づくりを何から考えたらいいか?そこからわからないです。という

ご質問を頂きました。


確かに、その通りですよね!

だって、家をつくるのは ほんとにたくさん知識が必要です。


 皆さん、同じです、私自身もそうでしたから。

家を考えた時は、現場監理が専門でしたから、

設計や仕様、単価・素材、技術には詳しいですが、

住宅ローンや土地の事って 正直よくわかりませんでした。


 自分の家をつくってみて、よくわかりました。




何から考えていいかわからない?とこから、

2人3脚でアドバイスしてくれる人を

見つけることから家づくりを始めてはいかかですか?


 自分たちで家づくりを考えるために

必要な情報やアドバイスをしてくれる人。


 フワフワした漠然とした疑問にも答えてくれたり・・・・

時にはズバッと、論理的に説明してくれたり・・・・

人によっては、背中を押してくれたり・・・・



 ご家族の人生の中で最高な ”建て時” を一緒に考えましょう!










お申込み・お問い合わせ